Journal of Analytical Bio-Science本文へジャンプ

      
2022_Volume 45

 

OPEN ACCESS

生物試料分析
 Current Volumeの特集は,生物試料分析科学会-教育ポータルサイトで閲覧できます(会員限定)。非会員は生物試料分析科学会にご入会ください。
 会員は学会研究会jpよりID/PASSを取得してアクセスください。事務局で会員資格を確認の後,IDとパスワードで特集の閲覧が可能となります。



Volume 45, Issue 2, 2022 (published: March 31 2022)


原著
ニワトリ胚発育に伴う卵殻内側のプロトポルフィリンの蛍光スペクトル変化と乳頭先端部の溶解  岡﨑登志夫、宮井紗弥香

<資料>
トリグリセライド測定の内因性グリセロール未消去法における血清の室温保存中の測定値上昇に関する検討― 遊離コリンの変動からみたグリセロリン脂質の関与 ―  高橋祐介、佐々木真弓、河野正臣、村本良三


<資料>
低温環境においてNaClがListeria monocytogenesの運動性に及ぼす影響  中屋祐子




Volume 45, Issue 3, 2022 (published: June 30 2022)


〈特集:パネルディスカッションⅠ(第31・32回合同年次学術集会より)〉
序文(巻頭言):「検査室のロボット化・AI化 現状と未来」  荒木秀夫

検査室のロボット化  藤田孝

SRLラボにおけるロボット化、AI化戦略について〜エビデンスに基づくラボイノベーションのためのロボット、AIの活用〜   小高健之、二田晴彦、山下英俊、小見和也


総合討論  荒木秀夫


〈特集:パネルディスカッションⅡ(第31・32回合同年次学術集会より)〉
序文(巻頭言):「検体検査の役割と今後」  齊藤翠

検体検査の役割と今後~新人臨床検査技師の視点から~  勅使川原篤志

検体検査の役割と今後~生理検査を担当した経験から~  生田理紗

検体検査の役割と今後~スムーズな診療を支えるために必要なこと~  関田綱基

検体検査の役割と今後~検査自動化が進む今、必要とされる検体検査技師とは~  水野元貴







Volume 45, Issue 1, 2022 (published: Feb 18 2022)
第31・32回生物試料分析科学会合同年次学術集会抄録集(三重)

  



Copyright © 2011, Journal of Analytical Bio-Science Online by the Society of Analytical Bio-Science.The person using Journal of Analytical Bio-Science Online may view, reproduce, or store copies of articles comprising the journal provided that the articles are used only for their personal.